お問い合わせ
健康診断・雇用時健診 健康診断・雇用時健診

健康診断・
雇用時健診

健康診断は病気を早期に発見する手段として有用です。
体調がいい人でも、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

健康診断・雇用時健診

病気の治療は大事ですが、それ以上に大事なことは病気にならないこと、
病気の前兆を早く発見して改善に向かわせることです。

残念なことにせっかく健康診断を受け異常が見つかったにも関わらず、それを放置している人がいます。何のために健康診断を受けたのでしょう。

健康診断は受けたら終わりではありません。
せっかく早期に異常を発見しても放置したのであれば、健康診断をした意味がありません。非常にもったいないです。

病気は早く治療に取り掛かるほど効果が出やすく、病態の進展や重症化も起こしにくいです。進行した病気ほど厄介なものはありません。
いろいろな治療、たくさんの薬剤を使ってもなかなかいい状態に持っていくのは難しいのです。いわゆる薬漬けになってしまうのは、病気が進行してしまっていることが大きな原因の一つなのです。

異常が見つかったのであれば、それを精査する、
治療する行動が最も大事
です。

健康診断・雇用時健診

診察スケジュール

診療
時間
日・祝
8:30 〜
12:30
要相談要相談×
13:30 〜
17:30
×××

< 来院についてのご注意事項 >
健康診断は事前に予約をお願いします。
定期検診、雇用時健診、特定健診以外の健康診断にも可能な限り対応いたします。
予約時にどのような健診なのか、どの検査が必要なのかお伝えくださいね。

健康診断・雇用時健診

検査内容

健診項目定期検診(法定)雇用時健診特定健診
35歳・
40歳以上
20・25・30歳それ以外の年齢
内科診察、問診
身長・体重・
腹囲・BMI
視力・聴力
胸部X線検査
血圧測定
心電図
尿検査(蛋白、糖)
貧血検査
(血色素、赤血球数、
ヘマトクリット)
肝機能検査
(AST,ALT,γGTP)
脂質検査
(HDL・LDLコレ
ステロール、
中性脂肪)
腎機能検査
(クレアチニン)
血糖検査
費用8,900円
(税込)
3,900円
(税込)
1,800円
(税込)
8,900円
(税込)
保険により
異なります。
0~500円
(税込)
健康診断・雇用時健診

追加可能な検査

検査名内 容費 用
便中ヒトヘモグロビン
(便潜血)
便に血が混じっているかどうかを調べます。
大腸がんのスクリーニング検査として手軽に行なえます。
1日法:750円(税込)
2日法:1,150円(税込)
腹部超音波検査
肝臓や腎臓などお腹の臓器の状態を観察します。
胃など空気があるところは観察し難いですが、胃カメラや胃透視など胃の検査を受けないのであれば一考の価値があります。
5,300円(税込)
甲状腺超音波検査
甲状腺の状態を観察します。
甲状腺の病気は女性に多いので、首の腫れが気になる女性にお勧めです。
3,500円(税込)
頸動脈超音波検査
動脈硬化の程度を反映します。
血管の病気(心筋梗塞や脳梗塞など)が起こりやすい状態か判断できます。
5,000円(税込)
血圧脈波検査
(血管年齢検査)
動脈硬化の程度を反映します。
血管の病気(心筋梗塞や脳梗塞など)が起こりやすい状態か判断できます。
1,000円(税込)
骨塩定量検査
(橈骨)
骨がもろくなっていないか検査をする方法です。
骨粗鬆症の診断が行えます。
骨塩が低下しやすい閉経後の女性にお勧めです。
1,400円(税込)
骨塩定量検査
(腰椎+大腿骨)
骨がもろくなっていないか検査をする方法です。
骨折を起こすと日常生活に大きく支障を来す腰椎と大腿骨の骨塩を評価し、より精密に骨粗鬆症の診断が行えます。
骨塩が低下しやすい閉経後の女性にお勧めです。
4,500円(税込)
健康診断・雇用時健診

よくあるご質問

  • 胃カメラは苦しくてやりたくありません。他に検査方法がありませんか?

    胃の病変を見つけるのには内視鏡検査(胃カメラ)が最も優れた検査ですので、それ以上の精度を持つ検査方法はありません。
    ただ苦しくて受けたくないというのであれば、腹部超音波検査でもある程度までは診断可能です。
    内視鏡検査と違い肝臓など他の臓器の病気も見つけられますので、腹部超音波検査が持つメリットもあります。

  • 雇用時健診の対応は可能でしょうか。

    対応可能です。その他の健康診断についてはご相談くださいね。

  • 健康診断のオプションで受けられる検査にはどのようなものがありますか?

    腹部超音波検査、頚部超音波検査(動脈、甲状腺)、血管年齢測定、骨塩定量検査(骨粗鬆症)、大腸がん検診(検便)が可能です。

  • 会社の健康診断をお願いすることはできますか?

    認定産業医の資格がありますので、会社の健康診断は可能です。まずはご相談くださいね。

健康診断・雇用時健診

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイス

医療はあなたの健康の手助けをしますが、
健康そのものを提供することはできません。

健康はあなた自身が作っていくものです。
健康的な日常生活を意識し、病気になっていないか定期的に検査をしていくと
より安心できますね。

診療案内